さまざまな種類がある基準となるおもり

分銅にはさまざまな種類のものがあります。それぞれの製品ごとに特徴があり、使用できる用途も異なっています。その中でも、特に正確性が優れていることが特徴なのが、特定計量器に使用されているものです。特定計量器とは取引や証明のために使用されている計量器のことです。取引や証明のために重さを測る場合には、特に高い計量の精度が必要になるため、こうした性能の高い計量器が使用されています。このようなタイプの計量器で重さを測定する場合には、計量器本体の正確さだけでなく、そこに乗せて使用するおもりの重さの正確さも重視されています。こうしたタイプのものは、下位の基準のおもりの基準器検査をする時にも使用されることがあります。

基準となるおもりの検査をする最適な頻度

計量に関する法令で決められている基準分銅を校正する場合には、決められた一定の間隔ごとに検査をする必要があります。検査の周期はおもりに使用されている素材の種類によって違いがあります。鋳鉄を使用して作られたものの場合には、1年ごとの周期で校正をする必要があります。特級のものは3年ごとの周期で検査をすることが必要です。ステンレスを使用して作られているものは、3年ごとに検査をする必要があります。黄銅を使用したものも、同じように3年に1度のペースで検査が必要です。

その他の種類のものの適切な検査の頻度

分銅にはその他のタイプのものもあります。基準となるおもりからトレースして作られたものもあり、事業をしている人が自分で所有している基準のおもりを使用して作ります。こうしたタイプのおもりを使用するときに制作しなければいけないのは、おもりを管理するためのマニュアルです。作成するだけでなく、行政機関に承認されることも必要になります。このようなタイプのおもりは、特定計量器を使用して検査などをするときに、基準となるおもりの代わりに使用することが可能です。このタイプのおもりを校正しなければいけない期間は、特に決められていません。ですが、正確に重さを測定できるようにするため、少なくとも1年に1回以上の検査をおこなうことが必要です。こうした検査をおこなう回数も、マニュアルで決めておく必要があります。特定計量器以外の計量器で使用できる分銅もあります。こうしたタイプのものは、取引や証明以外の目的のために一般の人に使用されているはかりの検査をする時などに使用されています。

ピックアップ記事一覧