通常のfax送信と一括送信の違い

fax 一括送信

faxでの一括送信は、伝えたい情報を多人数に向けて同時刻に送信することができ、タイムラグなく内容を共有・確認してもらいやすい手段のひとつです。メールと違って確認されやすいので開封率が高く、比較的低コストで実施できるため営業職の新規顧客開拓などの手間のかかりにくい営業手法として活用されています。通常のfax送信と違い、あらかじめ送信先を登録しておけば、誤送信を防止するための二人体制送信業務にありがちな手間を省け、作業の効率化にも一役買う方法です。相手先が何十、何百とあっても一回の操作で伝えたいことを伝えたいすべての相手に送ることができるのがfaxの一括送信です。情報伝達手段として、相手と直接話せる電話や多大なデータを添付できる電子メールもありますが、それらをサポートするツールとしても活用できます。

便利な機能といえどもfaxの一括送信が不利に働く場合もある

相手に直接会わずにこちら側の要望、情報を発信できる便利なfaxの一括送信ですが、送信するタイミングや情報ボリュームを誤ると、相手先にストレスを与えてしまいます。受信に関する経費(トナー代やペーパー代)も有益な情報を得られれば気になりませんが、深夜や早朝といった送信元都合の時間帯や、faxで受け取るには度を越した情報量を受信させられるなど、配慮に欠けたサービス提供は御社の不利益となりかねません。また、定期的な送信先の情報メンテナンスをおこなっていないと、情報の漏洩や送信先ミスでクレームに発展するケースも見受けられますので、節度ある使い方でfaxの一括送信を業務ツールとして最大限活用しましょう。送信内容が端的なものであれば、少量の情報でも相手の反応は良いものと考えられます。

faxの一括送信をビジネスに活かす

情報発信や連絡方法に関してもデジタルツールが主流になっていますが、faxは受信した情報が誰でもすぐに確認ができる使い勝手の良い便利なアイテムとして、デジタルツール同様ビジネスシーンには欠かせない存在です。顧客の新規開拓の場合、一人ひとり反応を直接確認するために、電話でアポイントを取ったり企業訪問を行ったりすることも重要ですが、まずはfaxの一括送信でターゲットを絞り、御社のビジネスにマッチングする企業をリストアップする事にも役立ちます。時間に追われたり、要員不足であれば代行業者に任せるのも良いでしょう。より成果を挙げるためのノウハウや信頼できる業務サービスを行う代行業者のサポートを味方につければ、安定した情報提供を行うことも容易ですし、会社の信頼にも繋がります。