地域と首都圏の専門学校の特色と違い

これから専門学校を目指すという学生や、人生の再スタートを考えてもう一度専門学校という扉をたたこうとお考えの社会人やフリーターの方などは、首都圏などの都会にある学校と地域にある学校のどちらを選んだらいいか悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。そこで、都会にある学校と、地域にある学校とでどういうメリットやデメリットがあるのか等の情報を知っておくと学校の選び方が他の人と変わり、明確な目的をもって学校を選びをすることが出来るようになります。 選ぶ学校次第では、人生の方向が大きく変わる可能性があります。学校の情報を得たりオープンキャンパスなどに行ってみることはもちろん大切な事ですが、そもそもの特色や違いを知った上で、どの学校に見学に行くかなどを決めるべきです。

学ぶべきことは大きくは変わらない。

どんな学校に通うことにしても、本来知っておくべき知識や基礎となる部分などは、大きくは変わりません。流行の最先端である首都圏のほうが、新しい技術の情報や学校の競争率が高いため、地域の学校に比べれば最先端の技術を取り入れるのが早かったり、設備などの導入が早かったりするので、最先端に触れることが出来るという利点はあります。 しかし、実際に仕事を始めるときにその設備の知識があっても、職場に設備がないことも多くあり実際に役に立つかどうかはわかりません。仕事を始めた上で、基本的に必要な知識というのは地域であっても首都圏であっても同じように学ぶことが出来ます。何より自分自身がどれだけ学ぶ意欲があり人より努力して学ぶことが出来るかというほうが大切なことです。

実際に働く時の就職先に大きな違いが出る。

首都圏の学校と地域の学校で大きく違うのはその就職先です。首都圏の学校は、首都圏に本社を置く企業に就職が有利です。そこが大きな会社であれば全国転勤などの可能性も出てきます。首都圏の有名な学校卒を優先的に採用している会社やお店などもあるので、その学校の主な就職先を知ることが大切になります。 ただ、地方の企業とのコネクションがそれほど強くないという点がデメリットです。逆を言えば地方の学校は、地方の企業や店舗に大きなコネクションを持つ場合が多いです。卒業生が働いている場合も多くそういう地方の企業に斡旋されることが多いです。将来的に転勤属にはなりたくない人や、地元で就職をしたいという希望が強い人は、その土地、もしくはその近隣でのコネクションが強い学校を選び進学するといいでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加